姓名判断で相性を観ると実は○○も分かる!!

どうも、ごきげんいかがお過ごしでしょうか?

占術家の仙翁(センオウ)です!

今回は久しぶりに姓名判断で相性を求めてみましょう!!

相性を求めるという事は恋愛も仕事も友達関係も円満にできるという事なんです!

そんなスゴイ方法をあなたに占いの孫である仙翁がお伝えします!

これであなたも女たらしではなく、「人間たらし」になれます!!

相性を見れるメリット

oyayubi

相性を見れると言うことは、ある意味チョット怖い気もしますね!

でも、たくさんメリットもありそうですよね!

それでも気になるのは、他人との相性がそんなに簡単に分かるのかという事です。

相手との相性が分かっていれば誰も離婚することは無いし、ケンカやまして戦争が起こることもないでしょう。

でも現実では我が国日本は離婚大国と言われ、中東では内戦や内乱が多発し、昏迷状態です。

そのような事が起こっている中で相手との相性を瞬時に理解する方法が存在するのかという問いかけに瞬時に答えられる人はそんなに多くないのではないでしょうか?

そんな難解な問いに答えれる方法が一つだけあります。

それは占いです!

占い師はその多種多様の知識と経験で相手の性格と思考の癖を解釈し、相手が悩みを解決する手助けをします。

これは相手との相性をしっかり理解していないとできない芸当です。

特に私の祖母は姓名判断一本で半世紀やってきている剛腕です。

その祖母がよく言っています。

「相手の性格は名前に出ている。相手の性格が分かれば、相手との相性も自ずと見えてくる!」

と言っています。

つまり

姓名判断で相性を観ると実は性格も分かる

という事です。

性格が分かれば、相手が好きそうなことで釣って行動を促させたり、逆に相手の駄目な一面を封印させたりする事も出来ます!

これってすごい事ですよね!

そこまで行くと超高等テクニックとなってしまいますので私の祖母ぐらい経験を積まないとで出来るものではありません。

それでも相手の性格を把握することは可能です。

今回ご紹介する大きなメリットは人間関係に悩んでいるあなたにはもってこいの話です。

なぜならコミュニケーションが急に上達するからです。

性格を知りどんな癖が存在するのかを理解するだけでも人間関係を親密にさせる第一歩です!

姓名で観る性格判断

hakkenn02

姓名判断において性格判断は、各種流派によってさまざまな方法が存在します。

総格運や人格運を観るオーソドックスなものから、外格運(援助格運)を見て類は友を呼ぶという法則を使って性格を逆算してみたりするものも存在します。

中には、地格運から性格を算出し全体的な運の良し悪しで性格がどう変化するのかを経験をもとに考え性格を算出するものもあると聞いたことがあります。

今回、ご紹介する内容は人格運を使ったオーソドックスな方法をご紹介します。

(※私が使いこなせるのがこれだけなんで勘弁してください)

姓名判断において人格運は非常に重要な要素です。

読んで字の如くあなたの人格の運びです。

その名前ならどのような人格になるのか、どのような性格を帯びるのかを観ることが出来る部分です。

つまり性格鑑定に人格運は欠かせないという事になります。

性格鑑定の基礎中の基礎が人格運を性格に算出し、出てきた画数を象意変換するという事になります。

それでは人格運を出す方法をご紹介しましょう!

人格運の算出

人格運を出すだけであればだれでもできます!

人格運を出す方法は一つだけです。

人格運は苗字の語尾と名まえの頭文字の画数の合計で人格運とします。

例えば・・・

大麦 若葉と言う人がいれば、この人の人格運を出すためにまず名前を画数分解します。

大(3画)・麦(7画)・若(8画)・葉(11画)このようになりますね。

人格運は麦と若の画数を足すと出てきますので画数を合計します。

大麦若葉さんの人格運は15画という事が分かりますね。

他にも・・・

坂本竜馬の人格運は15画です。

伊藤博文の人格運は30画です。

占術家 仙翁の人格数は15画です。

どうですかあなたの人格運は分かりましたか?

他の運格が気になる方はことらをご覧ください。

姓名判断の基礎と音占い

仙翁流簡易相性診断

torii03

さて、人格運は出せましたか?

今日は祖母が行っている性格鑑定の方法をご紹介します。

なぜ相性じゃなく性格鑑定かと言うと・・・

その話は先ほどしましたね。

特に私が行っている相性判断は五行を用いた性格判断ではありません。

画数鑑定法と言う数字の象意を性格と当てはめて鑑定します。

一画の象意

一は万物のはじまりを意味します。

活力旺盛な吉数です。

よく真直ぐ天に向かって伸びる陽木にたとえられます。

しっかりと地に根を張り、そびえたつ陽木は、自立心、勇気、進展といった意味を持ちます。

また、曲がったことが大嫌いな直情型なので、負けず嫌いで一本気、保守的な面もあります。

1が表す体質は健康ですが、進展と負けず嫌いと言う象意が時に邪魔をして頑張りすぎるところがあります。

そうなってくると良く燃え尽き症候群になっている人を良く目にします。

自分でブレーキをかけることを忘れ内容にしましょう。

二画の象意

2は1を合わせた形です。

原子と原子をぶつけると熱を発生させて化学反応が起こるように、二つのモノを合わせると急激な変化を起こします。

二画の意味は分裂、分解を意味します。

そこから生じる象意が不安定、挫折と言った運の浮き沈みを表す凶数となります。

1の反対を意味する2と良くたとえられますが、1が陽木とするならば2は草木や観葉植物を引き合いに出してくるでしょう。

判断力が低く、意志を表に出すことが苦手で、優柔不断な面があるでしょう。

その一方で、途中挫折しないしたたかさがあります。

これは執着心として現れます。

これが表に出てこなければよいのですが、人間関係で執着心が出てきてしまうと猜疑心となって関係がはってせず上手く行きません。

2が表す体質としては、アレルギー、皮膚疾患を上げることが出来るでしょう。

三画の象意

奇数の1と偶数の2からなっており、陰陽のバランスのとれた吉数として有名です。

良く3という数字は何事も成就に導く吉数として扱われてきました。

三つ巴や三種の神器、三本の矢など3が付く逸話だらけです。

この3は万物が成長を促すときに発生させられるエネルギーとしてたとえられます。

このエネルギーは赤く輝く太陽にたとえられ、激しさ、熱気、情熱などを表します。

そこから発生する象意は、明智、強大な力の権力、名誉、プライドを意味します。

優れたアイデアを持ち、頭の回転が速く、チャンスを逃がさず、成功する数です。

自己暗示が強くなり、時に毒舌、他人を軽視しがちになります。

3の体質は疲労、頭痛、高血圧です。

四画の象意

4は2と2の合計とも言えますが、3と1の合計とも言えます。

3と1は姓名判断の序盤では強運数として知られている画数ですが、陽の極みは転じて陰となすというように生き良いが良すぎるのも考え物です。

これはなんと凶数です。

4は3の太陽とは違い、ろうそくやランプの光ととしてたとえられます。

そこから生じた象意は、これらの火は影を大きく出す火なので、内向的、陰鬱、不可解な沈黙を意味します。

つまり、表面は柔軟性に富み温和ですが、内面は執着心が強く、不平不満が絶えない、焦燥感にさいなまれるタイプです。

4の体質は、精神の不安、不眠、躁鬱を意味します。

五画の象意

5は中間を意味します。

3と2や1と4からなる数です。

陰陽のバランスがよくとれた非常に良い組み合わせです。

均等と安定を意味します。

5は良く陽光の日差しをよく受けた肥沃な大地を意味します。

そこから発生する象意は、豊かさ、温かさ、大らかさを持つ陽性の大地です。

つまり、柔軟で協調性に富み、寛容な心を持つとされています。

広い視野と強い信念が特徴で、どのような分野においても人望を得て、人の上に立ち活躍します。

5の体質は胃炎、伝染病の暗示があります。

六画の象意

6は5と同様の大地にたとえられます。

2と4の組み合わせでできた数ですが、水を含んだ土と言う意味になります。

万物を育てる力を持った土と言う意味です。

柔らかく耕され、物をはぐくむとされています。

精力があり、努力の数だけ活躍が期待でき、信頼も厚い傾向を伺えます。

つまり、心優しい義理堅い責任感のある吉数です。

この数を持つ人との交際はプラスになります。

6の体質は腸に弱さがあります。慢性化に注意した方が良いでしょう。

七画の象意

5に2もしくは4に3を加えると7に成ります。

吉凶両極端の意味です。

よく、研磨されていない鉱物にたとえられます。

連想する象意は、困難に立ち向かう秘められた強さ、自分に道を信じた正義感を意味します。

つまり、旺盛な行動力、開拓、硬直となります。

一度、度を超すと融通さにかけるというマイナス面があります。

成功の裏には寂しい家庭運があったり、孤独な一生を終える可能性もあります。

八画の象意

5と3が合わさったものです。

豊かな大地の力がエネルギーを発して輝くの意です。

研磨された金属、貨幣や貴金属にたとえられます。

象意は聡明、忍耐、初志貫徹があります。

しかし、1と7が出てくると剛直さと独走という象意があります。

そのため冷たい印象を持たれることもあるでしょう。

基本的には光り輝くゴージャスな金!ですから、チャンスを掴めば才能が一気に開花します。

体質的には呼吸器に気を付けましょう。

九画の象意

単数最後の画数です。

運の下降や変化を意味します。

よく、運河の河口や海水にたとえられます。

水は不思議です。

大河では悠然と、小川ではさらさらと、激しい雨にも作用され、日差しが強ければ干からびます。

この極端な変化と流動性から9は変転運する凶数として扱われています。

しかし、個性的な特徴を持ち、特殊な才能を発揮します。

特に宗教の分野では光り輝きます。

博愛、指導、天才の象意を持ちますが、孤独の悲しみにも免れません。

9の体質は貧血、心臓疾患です。

いかがだったでしょうか?

象意をみてそれを組み合わせることで相手の性格と相性を見ていくという方法をご紹介しました。

組み合わせをする際に少し象意と照らし合わせながら見ていく必要がありますので手間はかかりますが非常に有効的な相性診断です。

是非やってみてください。

それでは今日はここまで!

最後までご精読ありがとうございました。

今日も最高の一日が終わる✨

私は本当に幸せ者です。

親愛なるあなたに幸福が訪れますように☆彡

  🍷 愛を込めて カンパイ 🍷

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

明日の運勢

   H28年10月13日(木)

  総合運:☆☆☆☆
  仕事運:☆☆☆☆
  恋愛運:☆☆☆☆

  吉年齢:4.16.28.40歳
  吉方位:北.南

  開運刻:あすは大事なご予定は午後に
  回しましょう。
  果報は寝て待てという日になりそうです。

  あすは特に南へ向うと吉です。
  発明、発見、投機の財で成功と出ます。
  どうぞお立ち寄りを!

  それではまた明日お会いしましょう!

無料eBook『姓名判断基礎講座』プレゼント中!

名前だけでここまでわかるのか!?

今すぐ「友だち追加」でレポートを手に入れ
“気になるあの人の秘密を読み解いてください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

人間関係や恋愛が上手くいかなくてお困りのあなたへ。

 
仙翁のメンターである甲本侍滝氏が

『相手に気づかれずに言うことをきかせる方法』

を単純明快に解説してくれました。

ぜひこのメソッドを活用してあなたの周りの人間関係を
最適化してみてください。

詳細はこちら


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)