占い師の孫の手相術「手相家に代々伝わる手相密議」

どうも、ごきげんいかがお過ごしでしょうか?

占術家の仙翁(センオウ)です。

このブログを読んでいただいてるという事は、あなたはおそらくご存知だと思いますが、私の実家は占いを生業にする家の生まれです。

その占い師の孫が、今回ご紹介するのは、東洋式手相と西洋式手相の相の密議です!

どうぞご覧ください!

東洋式と西洋式の明確な違い

Ramadan background

東洋手相術と西洋手相術に明確な違いは、やはり線の名前と解釈の仕方でしょう!

東洋式においては、西洋式で「線」と呼ばれているスジのことを「紋」と呼びます。

つまり西洋式で普通「感情線」と呼ばれるスジが「天紋」と呼びます。

頭脳線」と呼ばれるスジが「人紋」と読みます。

最後に「生命線」ですが「地紋」と呼ばれます。

西洋式では線と読むものは東洋式になると「紋」という表現に変わります!

そして、それぞれ紋に対しての解釈は西洋式と多少異なります。

でも、手相を学んでいくと西洋式よりも東洋式の方が制度が高い事に驚きます!

是非、今後手相を学ぶ良い機会になればと思います。

天紋・人紋・地紋の解釈

books

天紋

TEN

天紋は西洋手相術で言う感情線です。

西洋手相術では、その人の感情がどのように動くのか?

その人の仕事観や性格などを観察することが出来ますし、支線の方向でどのような恋愛感情を持つのか、セックスの相性などもここで診ることが出来るという相です。

しかし、東洋で天紋は、その人の持って生まれた貴賤(キセン)、気質が何より深く示される場として解釈されます。

目上の人との関係や、仕事運示さる紋です。

つまり、社会的評価と仕事運を示す場として用いられます!

天紋は、西洋式の感情線では、その人の「品格」や「地位」を意味する「貴賤」と言う表現で仕事上で成功出来るかどうかの判断が可能だとしています。

社会的な地位や立場や身分が、家柄や血統によって、或は家業としての職業によって、当然に区別されていた時代に盛んにおこなわれた技術であることに注目すべきです。

おそらく好むと好まざるにかかわらず「武家は武士」「農家は農業」「カエルの子はカエル」と選択せざるを得なかった時代です。

つまり、天紋によって「貴賤が定まる」と言う事は、貴はれる身分として生きていくか、賤しい身分として生きていくかを見ていたと言えます。

つまり士・農・工・商としてのそれではなく、その職業分類内での社会的な評価を指していたものと思われます!

当然そのような解釈をしていたので仕事運を見る紋として扱われるようになったと言ってもまったく不自然な事はありません。

そして、驚くことに西洋手相術の感情線と天紋は同じように対人関係を見る相であると言う事です。

発生も統計をとる紋族は違えど同じ人間本質は同じなんだなと考えさせられる部分が多くあります!

人紋

hito

人紋は西洋手相術で言う頭脳線です。

西洋手相術では、その人の趣味嗜好や思考表現の方法などを示す相が多く頭脳線を単線で解読するというより、複合して性格判断に用います。

また、線がどの方向へ向かうかで理想が高いか、低いかを判断する要素としても用います。

他にも生命線との兼ね合いで適正を判断したりと解釈の幅を広げてくれる線です。

東洋で人紋は、賢愚と貧富が何より示される紋です。

他には、本人の生活環境や対人運がしめされる紋です。

すなわち、経済力と生活環境が示さると言えます。

人紋、即ち西洋式の頭脳線ですが、ここで示される要素は「賢愚」と「貧富」です。

そしてここも生まれついての士・農・工・商は度外視しているようで。

手相の研究が進んだ江戸時代後半は、歴史的に見ても経済的には大いに繁栄した時代であった思われます。

300年以上続く長期政権ですから徳川家にどれだけカリスマ性があったかと言う事が伺えます。

しかし、それは表の顔です。

同じ職業分野でも、収入格差が広がった時代とも言えるかもしれません。

何か今の日本と同じような格差社会がそこにはあったと言えます。

西洋式では、金銭的な見方に結び付ける解釈の仕方はあまり見当たりませんが、それでも才能としての経済的な手腕の有無や有無や、金融に対する特別な能力を判断する目安としては用いられました。

人紋は他にも「生活環境」や「対人運」が示さるとしています。

確かに西洋式で頭脳線が「鎖状」「縄状」「断続的」に刻まれているような場合は生活環境が安定していない事は事実の様です。

地紋

ti

地紋は西洋手相術で言う生命線です。

生命線は、説明しなくても有名な相ですよね?

西洋では、生命力や健康、金運なども司ります。

感情・頭脳とあわせ性格鑑定にも用いる線です!

東洋で地紋とは、寿命と住宅が何より現れる紋とし、他にも子孫との関係、相続運が示される紋です。

判断する要素としては、家族関係、住居運などを見ることができます!

地紋は、西洋式では生命線を表す相ですね!

この紋は、寿命と住宅が第一に表れるとされています。

住居運についても、生命線の後半部分で生まれ故郷や地元との関係、移動の有無などを判断している事が多く、事実上の住宅運と言えます。

子孫とか相続運については西洋式手相術の場合、妊娠・出産を生命線に結び付けて解釈するケースが多く報告されています。

生命線下部に隣接する手首線で遺産相続を判断したりする見方も伝承されています。

生命線内部から運命線へと流れ込む斜線を「遺産相続の印」と見る手相家もいます!

どっちが当たるの?

さて、以上のように西洋式と東洋式の手相術を見ていくと似通った点を見て取れます。

こんなことを言っていると良く言われるのが、「どちらがより当たるんですか?私はそっちを勉強しますから!!」と言う人がいます。

答えになっているかわかりませんが、私はどちらも学んだ方がいいと思います。

なぜならどちらも良い点と悪い点を持ち合わせているからです。

西洋式の良い点はカンタンこの一言に限ります!

飲み会の席で盛り上がるにはもってこいのちょっとしたパーティーに使える技術です。

それくらいの技術を身に着けようと思ったらすぐに身に付きます!

ちゃんと毎日、私の教えるある方法を使うと3か月でこれくらいの能力は付きます!!

でも、東洋式のように深く掘り下げた内容までは理解できないでしょう!

もし、プロとして金銭を取っていくと考えているのであれば、やはり東洋式も少なくとも基礎は知っておいた方がいいですし、特に火星平原の解釈は重要です!

ここまで、理解できて、経験を積むと向かうところ敵なしではないでしょうか?

もしかすると、私以外の手相家で「西洋式の方が~」とか「東洋式の方が~」と言う人もいるでしょうし、もっと深く「~流派の手相術が・・・」などと言う人もいるでしょう!

でも、その基礎になっているのは、西洋式と東洋式の手相術です。

どちらかと言うより、どちらも学んだん方がいいのではないでしょうか?

特徴を掴むと応用できる

どちらも学ぶに当たって、お互いの特徴を捉えるとより効率よく、学び解釈の幅と占術の精度を上げることが出来ると思います!

西洋式の特徴は型がしっかり決まっていて、解釈と理論が非常に分かりやすいという事です。

ですから、グローバル化した社会で世界的に広まるのが速かったのだと思います!

しかし、型にハマるという言葉の通り、その型から逸脱すると見誤ったり、読み取れなかったりします!

その点、東洋式は型が結構あいまいです。

その代わり、非常にたくさんの紋があります!

まず最初に東洋式を学ぶにあたってその紋の多さに引いてしまう人もいる事でしょう。

そんな東洋式の手相術で一番制度が高いとされるものが指の開き具合で見るその人の周辺状況です。

そして、東洋式と言えばこれと言う氣血色判断法です!!

その相を読み解くことが出来れば、病気の有無や今後の運勢を予測することも可能でしょう!

つまりはいいとこ取りをするといい

私が思う優秀な占術家は、状況に合わせて見方を変えたり、その人にあった見方をするのが一流の占い師です。

つまりは何か一つにこだわるのではなく、複数の知識、複数の技術を駆使し、占術を展開するという事です。

西洋式でダメなら東洋式で、手相でダメなら人相で、それでもわからなければ姓名判断と人相と手相の複合診断でと解釈の幅を広げていく!

もしかしたら占いの領域の外に答えがある場合もあります!

その答えを探求し続ける!・・・そんな占い師に私はなりたいと日ごろから考えています!

占いってカッコイイな~と皆さんからそう思っていただけるようより一層努力を重ねていきたいと思います!

それでは今日はここまで!

最後までご精読ありがとうございました。

今日も最高の一日が終わる✨

私は本当に幸せ者です!

親愛なるあなたに幸福が訪れますように☆彡

  🍷 愛を込めて カンパイ 🍷

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

明日の運勢

    H28年12月12日(月)

   総合運:☆☆☆☆
   仕事運:☆☆☆☆
   恋愛運:☆☆☆☆

   吉年齢:4.16.28.40歳
   吉方位:西.西北

   開運刻:明日は運が昼間のみ
   運が開けます。

   いつもと変わらない平凡な一日かも
   しれませんが宝くじを買うと・・・
   と言う日かもしれません!

   特に西へ向いと金運を高める事の
   出来る方位です。
   是非明日は西の方位で宝くじを
   購入してみてください!

まとめ

どうも、仙翁です。

今日の内容はいかがだったでしょうか?

今日の内容の真意は、私のこのブログのコンセプトは占いをもっと身近にかんじていただきたいと思い書き上げています。

ですからしっかり読み込んで戴ければ、そこら辺の占い師と同じくらいの知識レベルにはなれるだろうと思います!

でもふと気づきました!

あまり深く勉強せず1~2人鑑定のまねごとをして「占い師気分」に浸り、金銭をとる輩も出てくるんではないだろうかと・・・!

その出来事は私からは遠い出来事のように思えますが、そうさせてしまう要因を作っているのは私にも責任はあるのではないだろうかと最近考え始めました。

ですから、占いを行う上ではたくさんの知識と経験が必要なんだと言う事の釘を刺しておいた方がいいなと考えこの内容にさせていただきました!

最近、占いを始めた人も遅くはありません!

しっかり学んで解釈の幅を広げて知識を付けてプロを目指してください!

それでは今日はこの辺にしておきましょうか・・・

お相手は占い師の孫、仙翁(センオウ)でした!

それではまたお会いしましょう!

最後に、より解釈の幅を広げやすいように仙翁のお勧め記事を張っておきます。

占い師の孫の陰陽五行説「吉凶判断のツールと大成の掟」

古代日本人の知恵袋「怖い時代を生き抜く賢い生き方」

占い師の孫の手相術「転職のチャンスが運命線で分かる!」

占い師の孫が姓名判断の極意書を無料で配信!

ブラック人相学「詐欺師の笑い方!」

和式手相術「日本人に合った成功と昇運を読む!」

無料eBook『姓名判断基礎講座』プレゼント中!

名前だけでここまでわかるのか!?

今すぐ「友だち追加」でレポートを手に入れ
“気になるあの人の秘密を読み解いてください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

人間関係や恋愛が上手くいかなくてお困りのあなたへ。

 
仙翁のメンターである甲本侍滝氏が

『相手に気づかれずに言うことをきかせる方法』

を単純明快に解説してくれました。

ぜひこのメソッドを活用してあなたの周りの人間関係を
最適化してみてください。

詳細はこちら


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)